ATP(男子ツアー)|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

ATP(男子ツアー)

ATP(男子ツアー) 

2017.02.17 第2シードのクエバスがドルゴポロフに敗退、ベスト8が出揃う [アルゼンチン・オープン]


 アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されている「アルゼンチン・オープン」(ATP250/2月13〜19日/賞金総額54万6680ドル/クレーコート)のシングルス2回戦で、第2シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)がアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に3-6 6-7(4)で敗れ、早くも姿を消した。
 
 ドルゴポロフは過去にツアーで唯一対戦した2014年のブエノスアイレス1回戦でもクエバスに競り勝っていた。クエバスにとっては2015年と2016年に準々決勝に進出した大会だった。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した地元のカルロス・ベロック(アルゼンチン)は第3シードのダビド・フェレール(スペイン)を6-4 6-2で倒した。フェレールは2012年から2014年まで今大会で3連覇を遂げていた。

 2009年大会のチャンピオンであるトミー・ロブレド(スペイン)もフェレールの試合後、センターコートの最終試合でチアゴ・モンテーロ(ブラジル)に3-6 4-6で敗れた。34歳のロブレドは現在の世界ランキングこそ550位だが、2006年には5位になったこともある。1回戦では第7シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を倒して勝ち上がっていた。

 準々決勝の顔合わせは(ドローの上から)、第1シードの錦織圭(日清食品)対ジョアン・ソウザ(ポルトガル)、ベロック対モンテーロ、第4シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)対第5シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、ジェラルド・メルツァー(オーストリア)対ドルゴポロフとなった。
 
 錦織とソウザの準々決勝は17日、センターコートの3試合目に予定されている(現地時間、18時45分以降開始予定)。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「アルゼンチン・オープン」の2回戦で敗れた第2シードのパブロ・クエバス(写真は1月のオーストラリアでのもの)
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Pablo Cuevas of Uruguay plays a backhand in his first round match against Diego Schwartzman of Argentina on day one of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2017 in Melbourne, Australia.  (Photo by Pat Scala/Getty Images)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: パブロ・カレーニョ ブスタアルベルト・ラモス ビノラス錦織圭ジョアン・ソウザジェラルド・メルツァーダビド・フェレールカルロス・ベロックチアゴ・モンテーロパブロ・クエバスファビオ・フォニーニアレクサンドル・ドルゴポロフ

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト