海外ニュース|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

海外ニュース

海外ニュース 

2017.01.11 出場停止処分中のシャラポワは、4月のシュツットガルトでツアー復帰を予定


 マリア・シャラポワ(ロシア)は15ヵ月間の出場停止を経て、4月にドイツ・シュツットガルトの大会でツアーに復帰することを予定している。
 
 シャラポワとシュツットガルトの大会スポンサーである自動車会社のポルシェは、火曜日にシャラポワが大会からワイルドカード(主催者推薦枠)を与えられた旨を発表した。これはシャラポワが昨年の全豪オープンでの薬物テストでメルドニウムに陽性と判定されて以来、初めての公式戦出場となる。
 
 「ツアー復帰の初戦を私のお気に入りの大会のひとつで果たすことができ、これ以上うれしいことはありません」と29歳のシャラポワは言った。彼女は2012年から2014年にシュツットガルトで連覇を果たしている。「私の素晴らしいファンたちに会い、ふたたび愛するテニスをプレーし始める日が待ち遠しくてしかたありません」。
 
 シャラポワは大会の本戦3日目にあたる、4月26日から復帰するとみられる。
 
 「ファンたちはふたたび彼女のプレーが見られることにワクワクしているだろう」とWTAの責任者、スティーブ・サイモンは声明文の中で言った。
 
 シャラポワは出場停止処分により、現時点から12ヵ月遡った期間の大会成績しか考慮に入れないランキングを滑り落ち、グランドスラムを含む大会への出場にはワイルドカードに頼らなければならないことになる。
 
 シャラポワは最初の判決で2年の活動停止処分が言い渡されたが、10月の上訴で減刑となり、処罰の期間が短縮された。

 活動停止期間の彼女はいくつかのエキシビションマッチでプレーしている。また、「シュガポワ」で知られる自身のお菓子ブランドを設立していることやテニスの商業的な面にも興味を示し、活動していたことも知られている。彼女は昨年、ハーバード大学ビジネススクールの2週間プログラムにも参加していた。(C)AP

※写真は薬物使用による活動停止処分を経て、4月のシュツットガルトの大会でツアー復帰を果たすロシアのマリア・シャラポワ(写真は昨年10月のエキシビションでのもの)
Photo: LAS VEGAS, NV - OCTOBER 10: Tennis player Maria Sharapova attends a news conference during the World TeamTennis Smash Hits charity tennis event benefiting the Elton John AIDS Foundation at The Colosseum at Caesars Palace on October 10, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by David Becker/Getty Images)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: マリア・シャラポワ

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト