WTA(女子ツアー)|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

WTA(女子ツアー)

WTA(女子ツアー) 

2017.01.10 元ナンバーワンのウォズニアッキが五輪金メダリストのプイグを破る [アピア国際シドニー]


 オーストラリア・シドニーで開催されている「アピア国際シドニー」(WTAプレミア/1月8〜13日/賞金総額71万900ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、元ナンバーワンで第10シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がリオ五輪金メダリストのモニカ・プイグ(プエルトリコ)を6-3 2-6 6-4で下し、全豪オープンに向けての準備をさらに一歩推し進めた。
 
 2010年と2011年の最終ランキングで2年連続世界1位だったこともあるウォズニアッキはグランドスラムで一度も優勝したことがなく、昨年の全豪オープンでは1回戦負けを喫し、雪辱を果たしたいと燃えている。

 プイグは巻き返して第2セットを取り、勝負をファイナルセットにもち込んだが、ウォズニアッキが早い段階でブレークを果たして落ち着いてサービスをキープ。2時間10分の戦いの末に勝利をおさめた。
 
 昨年のWTAファイナルズ優勝者で2014年全豪準優勝者でもある第3シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)はラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-2 6-0で破り、第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第9シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)らとともに、2回戦に駒を進めた。
 
 アメリカのクリスティーナ・マクヘイルとココ・バンダウェイは、揃って2回戦に進出した。マクヘイルはカテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)を4-6 7-5 6-2のフルセットの末に退け、バンダウェイは6-2 4-0とリードしているときに第8シードのエレナ・ベスニナ(ロシア)が途中棄権したため、試合を終えずして勝ち上がった。
 
 2011年全米オープン優勝者のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)はアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)にわずか63分のうちに3-6 1-6で敗れ、またも1回戦負けに終わった。
 
 また、ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)はドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-3 7-6(1)で下し、ドゥアン・インイン(中国)はイリーナ・ファルコーニ(アメリカ)に7-5 3-6 6-0で勝った。

 今大会の第1シードはアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、第2シードはアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)で、両者の1回戦はBYE(免除)で2回戦からとなる。

 また前週のブリスベン国際で優勝したカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と ベスト4のエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)は今大会を欠場した。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 09: Caroline Wozniacki of Denmark plays a forehand shot in her first round match against Monica Puig of Puerto Rico during day two of the 2017 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 9, 2017 in Sydney, Australia. (Photo by Brett Hemmings/Getty Images)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: カテリーナ・ボンダレンコエレナ・ベスニナサマンサ・ストーサーアナスタシア・パブリウチェンコワダリア・ガブリロワドナ・ベキッチクリスティーナ・マクヘイルドゥアン・インインイリーナ・ファルコーニドミニカ・チブルコバラウラ・シグムンドカロライン・ウォズニアッキモニカ・プイグアンジェリック・ケルバーアグネツカ・ラドバンスカカロリーナ・プリスコバエリナ・スビトリーナジョハナ・コンタロベルタ・ビンチココ・バンダウェイ

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト