ATP(男子ツアー)|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

ATP(男子ツアー)

ATP(男子ツアー) 

2017.01.04 ナダルが公式戦カムバックを果たす [ブリスベン国際]


 オーストラリア・ブリスベンで開催されている「ブリスベン国際」(ATP250/1月1〜8日/賞金総額43万7380ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)が睡眠不足を物ともせず、アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-3 6-3で下して2回戦に駒を進めた。この試合が終わったのは夜の10時だった。

 グランドスラムで14度の優勝を誇る30歳のチャンピオンはアブダビで開催されたエキシビションマッチで勝利をおさめたあと、オーストラリアへ移動した。

 2016年シーズンを早く終える理由となった左手首の故障から戻ったナダルは16日にメルボルンで開幕するグランドスラム、全豪オープンのタイトル獲得に向けてすべての試合を準備に充てると言っている。

 2012年大会のファイナリストであるドルゴポロフに対して第1セット第3ゲームのサービスを落としたナダルだが、そのあと5ゲームを連取してこのセットを獲得。ナダルはプレーした2セットでつかんだ4つのブレークポイントのすべてを獲得し、また、ドルゴポロフに握られた4つのブレークポイントのうち3つをしのいで勝利をものにした。

 「飛行機が少し遅れたんだ。初戦はこのようなときに対応するのが難しい」とナダル。疲労のため、この日は昼過ぎまで眠っていたと言い、「適応する時間はあまりなかった」と言い添えた。

 ただしナダルはその試合で、アンフォーストエラーを9本に抑えて勝利している。

 試合後の記者会見では眠気を我慢していることを謝罪し、一方で遅い時間の試合が時差ぼけ解消の助けになると話した。

 ナダルは昨年、1回戦で敗退した全豪オープンを悔やみ、今年は準備の仕方を変えて2週間前にオーストラリア入りして調整を始めた。

 ナダルの2回戦の相手はミーシャ・ズベレフ(ドイツ)となった。ズベレフは1回戦で、予選勝者で17歳のアレックス・デ ミノール(オーストラリア)を6-3 6-3で破って勝ち上がった。

 ナダルとズベレフの試合の勝者は準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

 そのほかに行われた1回戦では、第6シードのルカ・プイユ(フランス)がジル・シモン(フランス)を7-6(6) 7-6(4)で、ビクトル・トロイツキ(セルビア)が予選勝者の西岡良仁(ヨネックス)を6-4 7-5で、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)がサム・クエリー(アメリカ)を6-2 6-4で破って2回戦に進んでいる。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 03: Rafael Nadal of Spain celebrates winning his match against Alexandr Dolgopolov of Ukraine on day three of the 2017 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 3, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Chris Hyde/Getty Images)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: ミーシャ・ズベレフディエゴ・シュワルツマンラファエル・ナダルアレクサンドル・ドルゴポロフルカ・プイユジル・シモンビクトル・トロイツキ西岡良仁サム・クエリーミロシュ・ラオニッチナイキ/NIKEバボラ/BABOLAT

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト