ATP(男子ツアー)|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

ATP(男子ツアー)

ATP(男子ツアー) 

2016.11.20 ATPファイナルズ最新情報(11月13〜20日/イギリス・ロンドン/賞金総額750万ドル)※11月20日記録更新


  「バークレイ ATPワールドツアー・ファイナルズ」(11月13〜20日/イギリス・ロンドン/賞金総額700万ドル/室内ハードコート)は、男子のトップ8のみが出場できるATPツアー最高峰の大会。

 優勝賞金は最高で239万1000ドル(日本円でおよそ2億5000万円)。
 8選手はラウンドロビンの試合数に応じて出場フィー(1試合10万2000ドル、2試合13万4000ドル、3試合17万9000ドル)を獲得し、ラウンドロビンで勝利する毎に17万9000ドル、準決勝の勝利で54万5000ドル、優勝で113万ドルが加算される。

 ポイント配分はラウンドロビンで勝利する毎に200ポイント、準決勝で勝つと400ポイント、優勝すると500ポイントが加算され、優勝者は最大で1500ポイント獲得することができる。


【ATPランキング&ポイント】※11月14日付

1 マレー(イギリス)11185
2 ジョコビッチ(セルビア)10780
3 ワウリンカ(スイス)5115
4 ラオニッチ(カナダ)5050
5 錦織圭(日本)4705
6 モンフィス(カナダ)3625
7 チリッチ(クロアチア)3450
8 ナダル(スペイン)3300
9 ティーム(オーストリア)3215
10 ベルディヒ(チェコ)3060
11ダビド・ゴファン(ベルギー)2780

【試合結果】※[ ] 数字はシード順位 ※11月20日終了時






 8選手は2つのグループ(グループ名はイワン・レンドルとジョン・マッケンロー)に分かれてラウンドロビン(総当たり戦)を戦い、各グループ上位2選手が準決勝に進んで、トーナメントで優勝を争う。トーナメントではグループ1位がもうひとつのグループ2位と準決勝を戦う方式。


【ATPファイナルズ・シングルス・グループ分け】※[ ] 数字はシード順位

グループ|ジョン・マッケンロー
[1] アンディ・マレー(イギリス)
[3] スタン・ワウリンカ(スイス)
[5] 錦織圭(日本)
[7] マリン・チリッチ(クロアチア)



グループ|イワン・レンドル
[2] ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
[4] ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
[6] ガエル・モンフィス(フランス)
[8] ドミニク・ティーム(オーストリア)
[9/Alt] ダビド・ゴファン(ベルギー)
※Alt=代替(モンフィスが第3戦欠場のため)



※グループ名のジョン・マッケンロー(アメリカ)は1978、1983、84年に優勝、イワン・レンドル(アメリカ/現在マレーのコーチ)は1980年から1988年まで9年連続で決勝を戦い、1981、82、85、86、87年に優勝している。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: ドミニク・ティームガエル・モンフィスノバク・ジョコビッチアンディ・マレーミロシュ・ラオニッチスタン・ワウリンカ錦織圭マリン・チリッチ

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト