コンテンツ|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

コンテンツ

コンテンツ 

2016.10.21 Mastercardが全豪オープンのオフィシャル決済パートナーへ


 Mastercard(本社:ニューヨーク)とTennis Australiaは、新しいパートナーシップ契約を締結し、Mastercardが2017年から2019年まで、「全豪オープン」のオフィシャル決済パートナーおよび「Mastercard ホップマンカップ」の命名権パートナーになることを発表した。

 今回のパートナーシップの一環として、Mastercardは東京、上海、シンガポールでのローンチ活動を含む、全豪オープンの様々なイベントに参加するほか、オーストラリアのシドニー、ホバート、アデレードで開催される「エミレーツ・オーストラリアン・オープン・トーナメント」のオフィシャルパートナーとなる。

 Tennis Australiaのコマーシャル・ディレクター、リチャード・ヒーゼルグレーブ氏は、Mastercardを全豪オープンのオフィシャルパートナーとして迎えることを歓迎し、次のように述べている。

 「Mastercardを全豪オープンのオフィシャル決済パートナー、および幾つかのトーナメントのパートナー、ならびにMastercard ホップマンカップの命名権パートナーとして迎え、協力できることをたいへんうれしく思っています。イノベーションに注力する一流の国際ブランドであるMastercardとの提携は、Tennis Australiaの価値、特にグローバルなプロモーションとツーリズムに向けた取り組みと完全に一致します。Mastercardという世界有数のブランドとの緊密なパートナーシップは、我々の成長戦略においても極めて重要な要素であり、オーストラリアを含む世界中のテニスファンにとって大きな恩恵をもたらすでしょう」

 また、Mastercardのアジア太平洋地域マーケティング担当シニア・バイスプレジデントのサム・アハメド氏は次のように述べている。

 「(一部省略)スポーツには、人々を結びつけ、真にプライスレスな瞬間を人生にもたらす力があります。Tennis Australiaとの提携は、Mastercardのカードを保持することがテニス観戦の体験をよりプライスレスなものにし、当社の広範な製品群を紹介する大きな機会となります。今後、Tennis Australiaと協力することで、どのようなプライスレスな瞬間が生まれ、一緒に讃え合うことができるのか、たいへん楽しみにしています」

 Mastercardはこれまでにも国際テニストーナメントを長年にわたりサポートしており、現在は全仏オープンとマイアミ・オープンのスポンサーを務めている。

 今回のTennis Australiaとのパートナーシップは、欧州サッカー連盟(UEFA)やコパ・アメリカ・センテナリオを含む、多くのメジャーなスポーツイベントを後援してきたMastercardによる、スポーツおよびエンターテイメント向けパートナーシップ・ポートフォリオに新しく加わることになる。

 そのほかMastercardブランドがスポンサーとなっている国際的なメジャーイベントには、PGAツアー、全英オープンゴルフ、ラグビーワールドカップ2015、メジャーリーグベースボール、グラミー賞、カンヌ国際映画祭などがある。

 Tennis Australiaとのパートナーシップにより、MastercardはMastercardカード会員、特に頻繁に旅行するカード会員とさらに深くつながり、エンゲージできる新しい重要なプラットフォームを得ることになる。2016年全豪オープンでは、72万363人という歴代最高の観客動員数を記録し、そのうちの13%が海外からの旅行者だった。これは全豪オープンがオーストラリアの夏季の観光業に大きく貢献したことを意味する。

 また、今年1月にオーストラリアをもっとも訪問したのはニュージーランド、イギリス、アメリカの旅行者だったが、アジアからの旅行者も25%増え、全豪オープンを観戦に訪れた外国旅行者の中でもっとも多くを占めたのが日本と中国の旅行者だった。

情報提供◎Mastercard

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード:

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト