国内国際|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

国内国際

国内国際 

2016.10.05 錦織は途中棄権で2回戦敗退、ソウザが準々決勝へ [楽天ジャパンオープン]


 「楽天ジャパンオープン」(ATP500/本戦10月3〜9日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/賞金総額136万8605ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第1シードの錦織圭(日清食品)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦。第1セット4-3の時点で錦織が棄権したため、ソウザのベスト8進出が決まった。試合時間は41分。

 ともに1989年生まれの両者は、今回が初対戦だった。1回戦では錦織がラッキールーザーのドナルド・ヤング(アメリカ)を4-6 6-2 6-2で、ソウザはマルティン・クーリザン(スロバキア)を4-6 6-3 6-3で破って勝ち上がっていた。

 今大会には7年連続9度目の出場だった錦織は、2012年と14年にタイトルを獲得。昨年は準決勝で、ブノワ・ペール(フランス)に6-1 4-6 2-6で敗れていた。

 ソウザは準々決勝で、第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)とイリ・ベセリ(チェコ)の勝者と対戦する。


Photo:TOKYO, JAPAN - OCTOBER 05: Kei Nishikori of Japan plays a forehand during the men's singles second round match against Joao Sousa of Portugal on day three of Rakuten Open 2016 at Ariake Colosseum on October 5, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: 錦織圭ジョアン・ソウザアディダス/adidasユニクロ/UNIQLOウイルソン/Wilson

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト