海外ニュース|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

海外ニュース

海外ニュース 

2016.07.11 マレーがジョコビッチとの差を縮める、ケルバーが2位へ浮上、ムグルッサは3位へ下降 [ATP/WTA最新ランキング]


 ウィンブルドン優勝でアンディ・マレー(イギリス)のATPランキングは、1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との間にある大きなポイント差をかなり縮めることができた。

 ウィンブルドン開始時はジョコビッチが1万6950ポイントで、マレーが8915ポイントと、ジョコビッチはマレーの2倍近いポイントを擁していた。しかし、ジョコビッチが3回戦で負けてマレーが優勝したあとのポイントは、ジョコビッチが1万5040ポイントでマレーが1万195ポイントとだいぶ縮まっている。
 
 7度目のウィンブルドン・タイトルを獲得したセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は世界1位の座をキープし、準優勝したアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は4位から2位に上昇。WTAの歴史において最年長のナンバーワンである34歳のセレナは、2013年2月から首位の座をキープしている。

 一方、全仏オープンの決勝でセレナを倒したがウィンブルドンは2回戦負けに終わったガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は、2位から3位に下降した。

 セレナの姉ビーナスは2010年の全米オープン以来となるグランドスラム大会での準決勝進出で、8位から7位に上昇した。36歳のビーナスは、1994年のウィンブルドンで37歳で準優勝したマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)に次いで年齢の高い、グランドスラム準決勝進出者だった。
 
 男子のトップ10に大きな変動はない。ロジャー・フェデラー(スイス)は3位、ラファエル・ナダル(スペイン)は4位のままだ。準決勝でマレーに敗れたトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)は9位から8位に上がり、準々決勝でマレーに敗れたジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は12位から10位に上がった。自己初のグランドスラム大会の準々決勝に進出したルカ・プイユ(フランス)は、9位も階段を上がってキャリア最高の21位となった。

 ちなみに、決勝に進出した7位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は6位の錦織圭(日清食品)に迫りはしたが、錦織の4290ポイントに対してラオニッチは4285ポイントと、わずか5ポイント差で追い抜けなかった。錦織はウィンブルドン4回戦で途中棄権したが、昨年のウィンブルドンは2回戦で棄権したたため、ポイントは多少なりとも増えた。一方、5位のスタン・ワウリンカ(スイス)と6位の錦織のポイント差は、430ポイントとなっている。(C)AP

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 11:  A detail shot of the trophy after Andy Murray of Great Britain revisited centre court at Wimbledon on July 11, 2016 in London, England.  (Photo by Julian Finney/Getty Images)

ウィンブルドン特設サイト|テニスデイリー



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: ルカ・プイユミロシュ・ラオニッチ錦織圭スタン・ワウリンカビーナス・ウイリアムズノバク・ジョコビッチガルビネ・ムグルッサマルチナ・ナブラチロワアンディ・マレーセレナ・ウイリアムズアンジェリック・ケルバートマーシュ・ベルディヒジョーウィルフリード・ツォンガ

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト