WTA(女子ツアー)|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

WTA(女子ツアー)

WTA(女子ツアー) 

2016.04.25 ケルバーがシグムンドを下して大会を連覇 [ポルシェ・テニス・グランプリ]


 ドイツ・シュツットガルトで開催された「ポルシェ・テニス・グランプリ」(WTAプレミア/4月18〜24日/賞金総額75万9000ドル/室内クレーコート)。

 日曜日に行われた決勝で、全豪オープン優勝者で第2シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)がラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-4 6-0で下して連覇を達成した。

 シグムンドは試合開始後9分で3-0とリードする素晴らしい立ち上がりを見せたが、ケルバーがここから5本中3本のブレークポイントを奪い返すなどして巻き返して39分で第1セットを奪った。

 第2セットのケルバーはスタートから相手のサービスをブレークして流れをつかみ、相手にエラーを強いた。シグムンドにとっては地元ドイツでは初の決勝進出だったが、ケルバーに最初のマッチポイントを決められて81分で敗れた。

 「これ以上、うまくはいかないという感じだったわ。自分のリズムをつかむのに少し時間がかかったけど、最後はうまくプレーできてうれしい」とケルバー。

 ケルバーにとってはWTAツアーで9度目のタイトルで、初の連覇となった。

 シグムンドは世界71位。今季のクレーはチャールストンの大会でベスト8に進出するなど、今までにない好成績を収めている。今大会では第1シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第6シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)を、それぞれストレートで破っての決勝進出だった。彼女はこれでキャリアハイとなる42位に浮上する見込みだ。

 「私は本当にトライした。そしてもっといいプレーかできるのもわかっていた」と28歳のシグムンド。「この大会ではもうこれ以上、テニスができる状態ではなかった。いくつかの場面ではもう限界だった」。(C)AP

Photo:STUTTGART, GERMANY - APRIL 24: Angelique Kerber of Germany celebrates victory in the singles final match against Laura Siegemund of Germany on Day 7 of the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche-Arena on April 24, 2016 in Stuttgart, Germany. (Photo by Dennis Grombkowski/Bongarts/Getty Images)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: シモナ・ハレプラウラ・シグムンドアンジェリック・ケルバーアグネツカ・ラドバンスカロベルタ・ビンチアディダス/adidasヨネックス/YONEX

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト