海外ニュース|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

海外ニュース

海外ニュース 

2016.04.21 シャラポワの処分に関してはウィンブルドン前にも結論が出る可能性


 国際テニス連盟(ITF)の代表であるデビッド・ハガティ氏は、マリア・シャラポワ(ロシア)のドーピング問題に関する聴聞会は、ウィンブルドン前に予定されていると話した。

 ハガティ氏は水曜日の段階で、今回の件を処理するためには通常2、3ヵ月かかると話している。その上で、6月には結論が出せるだろうとしている。

 ハガティ氏は今回の件に関して、ITFによる聴聞会をいつ、どこで実施するかなどの詳細は語っていない。

 シャラポワは1月の全豪オープンでの検査でメルドニウムの陽性反応が出たと3月8日に発表して以来、暫定的な出場停止処分中だ。

 シャラポワは血流を改善する薬物であるメルドニウムに関して、2006年から服用していたことを認めている。ワールド・アンチ・ドーピング・エージェンシー(WADA)からの、メルドニウムが今年1月1日から禁止薬物に含まれることを記した文書に気づかなかったとしている。

 WADAは先週の段階でメルドニウムが体内にどの程度留まるかが不明だったため新しいガイドラインを発表しているが、シャラポワの処分に関しては聴聞会の結果を見てという形になっている。

 メルドニウムに関しては、200人近いアスリートたちから陽性反応が出ている状況で、何人かのアスリートは今年に入ってからメルドニウムを摂取していなかったと訴えている。

 ハガティ氏はシャラポワのケースに関しては「いまだ審議中」だとしている。

 「彼女に関しては、メルドニウムのレベルについては問題ですらない」とWADAのディレクターであるオリバー・ニッグル氏は今週、AP通信の取材に対して答えている。

 昨年の会長選挙で選ばれ、任に就いたハガティ氏は、ITFと調査機関は、より透明性を持った関係にしたいとしている。

 ロシア当局は、シャラポワが8月のリオデジャネイロ五輪でプレーできるように望んでいる。(C)AP

※写真は3月8日のシャラポワの記者会見の様子
Photo:LOS ANGELES, CA - MARCH 07: Tennis player Maria Sharapova addresses the media regarding a failed drug test at The LA Hotel Downtown on March 7, 2016 in Los Angeles, California. Sharapova, a five-time major champion, is currently the 7th ranked player on the WTA tour. Sharapova, withdrew from this week’'s BNP Paribas Open at Indian Wells due to injury. (Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: マリア・シャラポワヘッド/HEAD

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト