グランドスラム|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

グランドスラム

グランドスラム 

2016.01.28 「ドーピング以上の深刻な問題」と八百長疑惑に関してイバニセビッチがコメント [全豪オープン]


 オーストラリア・メルボルンで開催されている「全豪オープン」(1月18〜31日/グランドスラム/ハードコート)。

 ゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)は自分の心情を包み隠さず話した。彼は2001年ウィンブルドンの優勝者で、全豪オープンを揺さぶっている八百長疑惑について言いたいことがたくさんあると話した。

 第一に、彼はBBCとバズフィード社が報じた、テニスの当局が過去10年の間に16人の選手たちが八百長に関わった証拠を持ちながらそれを無視してきたという件について異議を唱えた。

 バズフィード社は疑わしい賭けに定期的に関わったかどうかということを調べるためのアルゴリズムを、選手を特定するために考案していた。

 イバニセビッチは「コンピュータに名前を入れれば、コンピュータは何らかの名前を吐き出す。まるで連続殺人犯でも追いかけるみたいにね。そして、誰もがそいつを疑って追いかけるんだ」と言う。

 自分が現役だった時代には八百長が一般的ではなかったと信じているとも話した。「当時はインターネットによる賭けはなかったし、どんなスポーツも賭けになるなんてことすら知らなかった」。

 今日の八百長問題に対しては、証拠もなしに疑いを特定の選手にかけるのは間違っていると話している。そして、「これは深刻な問題だ」とイバニセビッチ。「ドーピング以上の問題だと思う」。(C)AP

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 09: Goran Ivanisevic takes part in the Fast4 Legends match against Pat Cash of Australia during day seven of the 2016 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 9, 2016 in Brisbane, Australia. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード: ゴラン・イバニセビッチヘッド/HEAD

前後の記事
関連の記事
関連の動画

ハイライト