国内ニュース

今西美晴/大前綾希子が女子ダブルス優勝、大前は単複2冠 [第91回 三菱 全日本テニス選手権]

 「三菱 全日本テニス選手権91st」(本戦10月22~30日/2846万円/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第4シードの今西美晴大前綾希子(ともに島津製作所)が第3シードの宮村美紀(フリー)/波形純理(伊予銀行)を6-2 7-5で下して優勝を果たした。

 今西/大前は1回戦で牛島里咲(筑波大学)/秋山みなみ(Fテニス)を6-2 6-0で、2回戦で上田らむ(ノア・インドアステージ)/森本凪咲(PLUS LIST)を6-1 6-1で退け、準々決勝は第7シードの井上雅(テニスラウンジ)/秋田史帆(北島水産)が棄権したため不戦勝で勝ち上がり、準決勝では第5シードの瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)/藤原里華(北日本物産)を4-6 6-1 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 ともに京都出身で同学年の大前と今西。前日に行われた女子シングルス決勝では大前が今西を6-4 6-4で破っており、大前は単複2冠を達成した。

◇   ◇   ◇

【女子ダブルス決勝】

○24今西美晴大前綾希子(島津製作所)[4] 6-2 7-5 ●9宮村美紀波形純理(フリー/伊予銀行)[3]

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位


※写真は女子ダブルス優勝の今西美晴(左)/大前綾希子

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu