|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  基礎知識  >  テニスのルール

用語解説

テニスのルール

コートの広さ テニスコートのサイズは、シングルスコートが縦23.77m、横8.23m、ダブルスコートが縦23.77m、横10.97m。ダブルスコートのほうが横に2.74m広く、その左右に広くなった部分は【アレー】と呼ぶ。
コートのライン コートの縦方向の両端を結ぶラインを【ベースライン】、横方向の両端を結ぶラインを【サイドライン】と呼ぶ。ネットの両側から6.40mのところで、サイドラインと平行に引いた線を【サービスライン】、このサービスラインとネットに囲まれた地面は【サービスコート】と呼ぶ。また、このサービスコートを均等に分ける線を【センターサービスライン】と呼ぶ。
センターマーク ベースラインを2等分する、長さ10pのマークのこと。コートの内側にサイドラインと平行に引く。
ラインの幅 センターサービスラインとセンターマークの幅は5p、そのほかのラインの幅は2.5〜5p。ただしベースラインのみ幅を10pまで太くすることができる。
ネットの高さ コートの中央にはコードで吊ったネットが張られていて、その高さは1.07m。また、ネット中央の高さは0.914mと決められているため、ストラップでコードを押し下げて高さを調整する。このネット中央に設えられたストラップを【センターストラップ】と呼ぶ。
センターストラップ ストラップの幅は5cm以下で、色は「白」と決められている。
シングルス・スティック ダブルス・シングルス共用コートでシングルスをする場合は、2本の【シングルス・スティック】をシングルスコートのサイドライン外側から0.914mのところに、それぞれその中心がくるように立て、シングルス・スティックのところでネットの高さを1.07mに保つ。
コートの種類 国際大会で使用されているコートの種類は大きく分けて3種類ある。【グランドスラム】では、全豪オープンと全米オープンが【ハードコート】、全仏オープンが【クレーコート】、ウィンブルドンが【グラスコート】で開催されている。ツアーの年間スケジュール表に表記されているHは(ハードコート)、CLは(クレーコート)、Gは(グラスコート)の略。また、大きな国際大会では使用されていないが、国内の【フューチャーズ】で使用されることもある【砂入人工芝コート】は【オムニコート】と表記されることもある。
パーマネント・フィクスチュア コートの周りにあるすべての設備、施設、アンパイアやボールパーソンのこと。ダブルス用ネットとシングルス・スティックを使ってシングルスを行う場合は、シングルス・スティック外側のネットポストやネットは【パーマ・lント・フィクスチュア】とみなされる。
ボール 「テニス規則」(日本テニス協会)に基づいて行われる試合で使用するボールは、所定の規格に合ったものでなければならない。日本の主要大会はすべて国際基準(SI)を適用して測定されたボールが使用されている。ボールタイプ1(高速)、ボールタイプ2(中速)、ボールタイプ3(低速)、高地、と種類が分けられ、それぞれ合ったサーフェスで使用する目的がある。ボールの重さは56.0〜59.4g 、サイズは6.54〜6.86p(タイプ3のみ 7.00〜7.30p)、その他、反発値、変形値、回復値などの規定値がある。ボールの色は白色または黄色のいずれかが使用される。
ラケット 「テニス規則」(日本テニス協会)に基づいて行われる試合で使用するラケットは、所定の規格に合ったものでなければならない。ラケットのフレームは全長73.7p、全幅31.7p以下。打球面はハンドルの縦軸と並行に測定したときに、全長39.4p以下、ハンドルの縦軸と垂直に測定したときに、全幅29.2p以下であること。ラケットには「プレーヤー解析技術」のための装置については許可されているが、そのほかラケットの形状を著しく変化させたり、物理的特性を変化させるような付属物、突起物をはじめ、装置を付けることは認められていない。