アシックス/ASICS|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  テニスアイテム  >  テニスブランド

テニスブランド

取り扱い会社名/株式会社アシックス
住所/〒650-8555 兵庫県神戸市中央区港島中町七丁目1番1
TEL/078-303-2231(代表)
ブランド発祥地/日本
ブランド創業年/1977年
主な契約選手/サマンサ・ストーサー、ガエル・モンフィス

 現『アシックス』の創業者である鬼塚喜八郎氏は、戦争から帰還し、学校用のズック靴を作って売る商売をはじめるため、製造ノウハウについて神戸長田で1年間の勉強期間を経て、1949年に『鬼塚商会』を創業し、のちに『鬼塚株式会社』とする。最初は4人の小さな所帯で、鬼塚氏が自らバッグにバスケットボールシューズを詰め込んで各地の学校へ営業し回ったという。
 そのバスケットボールシューズが、その後の『アシックス』の運命を決定付けた。鬼塚氏は、地元 神戸高校のバスケット部に試作品を試してもらっていたが、あまりにグリップ力がよすぎてケガ人が出るほどで、止まり過ぎ防止の改良をしなければならないほどだった。1953年に発売した「吸着盤型バスケットボールシューズ」が話題になり、1956年メルボルンオリンピックの日本男子バスケットボール代表シューズに選ばれ、その翌年に発売された記念バージョンが売れまくり、同年の中学生競技会では84%が『オニツカ』だったという。
 その後、幾度かの組織改変を経て、株式会社アシックスに社名変更した1977年、長年親しまれてきた『オニツカタイガー』のブランド名を『アシックス』へと改める。
 テニスでは1972、1973年のデ杯で全選手が『ローンシップ』を使用し、1980年代には高級なキップレザーを使った「ローンシップ プレステージ」や、クレーコート専用モデル「ローンシップ アドバンテージLE」という一品を残す。また、オムニコートで新設された神戸総合運動公園で行なわれた1985年ユニバーシアードでは、世界初の砂入り人工芝専用シューズ『ローンシップKOBE』を発表して各国選手にアシックス・テクノロジーの素晴らしさをアピールした。
 『アシックス』のスゴさは、プレーヤーへの徹底した配慮であり、開発力と技術力。独自に「アシックススポーツ工学研究所」を持ち、数多くの研究者たちがあらゆる試験・研究を続けている。
 『アシックス』は現在、世界中でホットなアスレティックシューズブランドとして注目されている。その最先鋒がランニングシーズで、現在、世界でもっとも高い評価を受けているブランドと思われる。またその他スポーツのスペシャルシューズもさらに充実させ、アパレルや周辺ギアも多数揃う。
 かつて『SEED』『PROXIMO』『LICENSEE』などテニスラケットも製造販売していた『アシックス』テニス。名品『ゲルレゾリューション』『ゲルソリューションスピード』をフラッグシップに掲げ、テニスシューズ界をリードするブランドにまで成長し、さらなる発展は間違いない。

関連ニュース